セミナー・イベント

最新の情報

6月22日

追加開催決定
【8/1(月)開催】オープンセミナー
「熊本地震から学ぶ BCPセミナー」を開催します

今回の熊本地震は、上場企業だけでも約90社の企業が「営業・操業停止」等の深刻な被災を公表する等、多くの企業の事業継続に大きな影響をもたらしました。そのような中、事業継続計画(BCP)の整備や見直しへの関心が高まっているものと推察されます。

そこで、弊社では、BCPの整備や見直しをテーマとしたセミナーを以下のとおり開催することにいたしました。

本セミナーでは、東京で考慮すべき自然災害(地震・津波、水災、土砂災害等)を特定したうえで、熊本地震における企業の対応事例等から得られた教訓を踏まえて、BCPのポイントを提示する内容となっております。この機会に是非ご参加ください。

■開催概要
(1) 日時 2016年8月1日(月) 14:00~16:00(13:30受付開始)
(2) 場所 TKPガーデンシティ御茶ノ水(地図はこちら
東京都千代田区神田駿河台3-11-1 三井住友海上駿河台新館 3階
(3) 定員 200名(※申込は1社2名まで)
(4) 主催 三井住友海上火災保険株式会社 株式会社インターリスク総研
(5) 主な内容
Ⅰ. 熊本地震が企業等に与えた影響
熊本地震の概要(発生確率や発生規模の検証、特徴等)を踏まえたうえで、電気・通信・交通 等の社会インフラに与えた影響や、企業等で実施した対応等について紹介します。
Ⅱ. 東京で考慮すべき災害
東京に関連するハザードマップを分析したうえで、BCPとして考慮すべき災害を特定し、想定被害の概略等を紹介します。
Ⅲ. 熊本地震から学ぶBCPのポイント
第一部の内容を踏まえたうえで、BCPの整備や見直しにおいて押さえるべきポイント(体制、人命安全確保、状況把握、全体最適の実現、ボトルネックへの対応、現地復旧戦略以外の戦略等)について紹介します。
(6) プログラム ご案内パンフレットはこちら(PDF:744KB)
(7) お申込 ご案内・お申込ページはこちら
  • 講演内容等は変更される可能性がございます。ご了承ください。
  • お申込みは先着順で、定員に達し次第受付締切といたします。
  • お申込みを確認した後、メールにて受講票をお送りします。
  • 同業他社のお申込は、受講票発行の有無にかかわらず後日お断りする場合があります。
6月15日

【7/29(金)開催】オープンセミナー
「水災対策セミナー2016」を開催します

~タイムラインで水災に備える~

地球温暖化などの影響によって将来的に水害の発生頻度が増加する可能性が指摘されており、施設の防護や事業継続性の確保に係る対策の見直しが重要となっています。そこで、三井住友海上・インターリスク総研では、「タイムラインで水災に備える」と題したセミナーを企画しました。

タイムラインとは事前防災行動計画ともいい、災害のピークとなる時刻から逆算して、いつ、誰が、何を実施するかを明確にした対策手法です。先を見越した早めの行動や各部門の連携、必要な実施事項の抜け漏れ防止に繋げることが可能になります。

基調講演ではCeMI(環境防災総合政策研究機構)環境・防災研究所副所長の松尾一郎様に「タイムライン、日本の防災対策が変わる」を、第一部講演では東和不動産株式会社の藤井修様に「官民連携による水害減災対策 ~名古屋駅地区街づくり協議会の取り組み~」をご講演いただきます。

有益な情報をご案内しますので、ぜひご参加ください。

■開催概要
(1) 日時 2016年7月29日(金) 13:30~16:30(受付開始 13:00)
(2) 場所 三井住友海上 駿河台新館3階 TKPお茶の水カンファレンスセンター
東京都千代田区神田駿河台3-11-1(地図はこちら
(3) 主催 三井住友海上火災保険株式会社 株式会社インターリスク総研
(4) 講演者
【基調講演】 「タイムライン、日本の防災対策が変わる」
講師:CeMI(環境防災総合政策研究機構)環境・防災研究所
副所長 松尾 一郎 様
【第1部】 「官民連携による水害減災対策
 ~名古屋駅地区街づくり協議会の取り組み~」
講師:東和不動産株式会社 経営企画部 主査 藤井 修 様
【第2部】 「タイムラインを取り入れた企業の水災対策
 ~気象情報アラートを活用して大雨に備える~」
講師:株式会社インターリスク総研 災害リスクマネジメント部
日塔 哲広
※講演内容については一部変更する可能性があります。
(5) 参加費 無料
(6) 定員 120名
(7) プログラム ご案内パンフレットはこちら(PDF:342KB)
(8) お申込 ご案内・お申込ページはこちら
  • お申込みは先着順で、定員に達し次第受付締切といたします。
  • お申込を確認した後、受講票をお送りします。
  • 同業他社のお申込は、受講票発行の有無にかかわらず後日お断りする場合があります。
本件に関するお問い合わせ先

株式会社インターリスク総研

災害リスクマネジメント部 災害リスクグループ
本間、日塔、齋藤 TEL:03-5296-8917

6月6日

【7/14(木)開催】オープンセミナー
「熊本地震から学ぶ BCPセミナー」を開催します

今回の熊本地震は、上場企業だけでも約90社の企業が「営業・操業停止」等の深刻な被災を公表する等、多くの企業の事業継続に大きな影響をもたらしました。そのような中、事業継続計画(BCP)の整備や見直しへの関心が高まっているものと推察されます。

そこで、弊社では、BCPの整備や見直しをテーマとしたセミナーを以下のとおり開催することにいたしました。

本セミナーでは、東京で考慮すべき自然災害(地震・津波、水災、土砂災害等)を特定したうえで、熊本地震における企業の対応事例等から得られた教訓を踏まえて、BCPのポイントを提示する内容となっております。この機会に是非ご参加ください。

■開催概要
(1) 日時 2016年7月14日(木) 10:00~12:00(9:30受付開始)
(2) 場所 TKPガーデンシティ御茶ノ水(地図はこちら
東京都千代田区神田駿河台3-11-1 三井住友海上駿河台新館 3階
(3) 定員 200名(※申込は1社2名まで)
(4) 主催 三井住友海上火災保険株式会社 株式会社インターリスク総研
(5) 主な内容
Ⅰ. 熊本地震が企業等に与えた影響
熊本地震の概要(発生確率や発生規模の検証、特徴等)を踏まえたうえで、電気・通信・交通 等の社会インフラに与えた影響や、企業等で実施した対応等について紹介します。
Ⅱ. 東京で考慮すべき災害
東京に関連するハザードマップを分析したうえで、BCPとして考慮すべき災害を特定し、想定被害の概略等を紹介します。
Ⅲ. 熊本地震から学ぶBCPのポイント
第一部の内容を踏まえたうえで、BCPの整備や見直しにおいて押さえるべきポイント(体制、人命安全確保、状況把握、全体最適の実現、ボトルネックへの対応、現地復旧戦略以外の戦略等)について紹介します。
(6) プログラム ご案内パンフレットはこちら(PDF:909KB)
(7) お申込 こちらのセミナーはお申込み受付締切といたします。
  • 講演内容等は変更される可能性がございます。ご了承ください。
  • お申込みは先着順で、定員に達し次第受付締切といたします。
  • お申込みを確認した後、メールにて受講票をお送りします。
  • 同業他社のお申込は、受講票発行の有無にかかわらず後日お断りする場合があります。
6月6日

【7/13(水)開催】オープンセミナー
「企業におけるメンタルヘルス対策のあるべき姿~高ストレス者、休職者等への対応や職場環境について考える~」を開催します

ストレスチェック制度が2015年12月に義務化され約7カ月が経過しました。今後各企業にはストレスチェック制度への対応のみならず、総合的なメンタルヘルス対策の実施が求められます。

本セミナーでは、精神科産業医である大野裕氏や、職場復帰支援業務に従事している宇田亮一氏をお招きし、高ストレス者・メンタルヘルス不調者の把握と適切な対応方法、実効ある職場復帰支援の方法についてご紹介します。さらに弊社コンサルタントにより、職場環境の変革によるメンタルヘルス不調者発生の防止策についても解説し、今後の企業におけるメンタルヘルス対策への有益な情報をご提供します。

■開催概要
(1) 日時 2016年7月13日(水) 13:30~17:00(13:00受付開始)
(2) 場所 損保会館 大会議室
東京都千代田区神田淡路町2-9(地図はこちら
(3) 主催 三井住友海上火災保険株式会社 株式会社インターリスク総研
(4) 講演者
Ⅰ. 『高ストレス者・メンタルヘルス不調者の把握と適切な対応方法』
一般社団法人 認知行動療法研修開発センター 理事長 精神科産業医 大野 裕氏
Ⅱ. 『実効ある職場復帰支援の方法~“4つのケア”をいかに連鎖させるか~』
心理臨床ネットワーク アモルフ 代表 臨床心理士 宇田 亮一氏
Ⅲ. 『職場環境の変革で防ぐメンタルヘルス不調者の発生』
インターリスク総研 災害リスクマネジメント部 上席コンサルタント 小山 和博
※講演内容は状況により一部変更する可能性がございます。
(5) 参加費 無料
(6) 定員 100名
(7) プログラム ご案内パンフレットはこちら(PDF:399KB)
(8) お申込 ご案内・お申込ページはこちら
  • お申込みは先着順で、定員に達し次第受付締切といたします。
  • お申込を確認した後、メールにて受講票をお送りします。
  • 同業他社のお申込は、受講票発行の有無にかかわらず後日お断りする場合があります。
本件に関するお問い合わせ先

株式会社インターリスク総研

災害リスクマネジメント部 安全文化グループ
飛世(トビセ)/大豆生田(オオマメウダ) TEL:03-5296-8944

6月1日

【7/6(水)開催】オープンセミナー
「グローバルな水リスク管理のあり方~企業経営を支える自然資本の重要な要素として~」 を開催します

近年、気候変動や途上国における人口増加や産業発展などを背景として、世界各地で水枯渇、洪水、水質汚濁などの水リスクが顕在化する例が増えています。企業はサプライチェーンの様々なプロセスで水に依存しており、企業にとっても操業、評判などの経営リスクとなる可能性があります。CDPウォーターのように、機関投資家も企業が水リスクに対して、どのように戦略を立てて、取り組んでいるかに注目しています。

また、最近では、水をはじめとした様々な自然の価値を包含した「自然資本」という考え方が主流化しており、自然資本の持続可能な利用を経営上の重要なテーマとして位置づける企業も増えています。

本セミナーでは水ジャーナリストとして著名な橋本 淳司氏をお招きし、世界の水リスクに関する最新事情について解説頂くとともに、企業の方にご登壇頂き、取り組みを紹介頂きます。

■開催概要
(1) 日時 2016年7月6日(水) 14:00~16:30(13:30受付開始)
(2) 場所 三井住友海上 駿河台ビル(本店) 14F 大会議室(1401)
東京都千代田区神田駿河台3-9(地図はこちら
(3) 主催 三井住友海上火災保険株式会社・株式会社インターリスク総研(共催)
(4) 講演者
Ⅰ. 基調講演
「企業が知っておきたい国内外の水リスク事情」
講師: 橋本 淳司氏(水ジャーナリスト/アクアコミュニケーター/アクアスフィア代表)
Ⅱ. 「企業の水リスク評価の背景と考え方 ~自然資本との関係性を踏まえて~」
講師: 寺崎 康介(株式会社インターリスク総研 事業リスクマネジメント部 環境・社会グループ 上席コンサルタント)
Ⅲ. 事例紹介
「当社およびJBIB(企業と生物多様性イニシアティブ)の取り組み(仮題)」
講師: 能勢 泰祐氏(積水化学工業株式会社 CSR部 環境経営グループ 課長/JBIB水と生態系WGリーダー)
「水保全に関する取り組みについて(仮題)」
講師: 金子 洋平氏(花王株式会社 サステナビリティ推進部 エコ戦略推進グループ 部長)
(5) 参加費 無料
(6) 定員 100名
(7) プログラム ご案内パンフレットはこちら(PDF:690KB)
(8) お申込 ご案内・お申込ページはこちら
  • 講演内容等は変更される可能性がございます。ご了承ください。
  • お申込みは先着順で、定員に達し次第受付締切といたします。
  • お申込みを確認した後、メールにて受講票をお送りします。
  • 同業他社のお申込は、受講票発行の有無にかかわらず後日お断りする場合があります。
6月1日

【東京7/7(木)開催 / 大阪7/29(金)開催】学校法人向け 危機管理セミナー
「学校に求められる留学生のための危機管理-アウトバウンド・インバウンドの両面から-」を開催いたします。

学生の海外留学の機会は増加しており、留学に係るリスクは増加していますが、学校側の危機管理態勢は、十分に整備されてきているとはいえません。また、受入留学生も増加していますが、日本における生活上のリスク管理・危機管理を十分に指導できておらず、現状の管理態勢に課題を感じている学校も少なくありません。このような状況を踏まえ、インバウンド・アウトバウンドの両面から、学校法人向けの海外危機管理セミナーを開催します。本セミナーでは、学校として直面している危機の実態を紹介し、危機への対応と態勢構築のポイントについて解説します。

■開催概要
主催 三井住友海上火災保険株式会社 株式会社インターリスク総研
参加費 無料
東京開催
日時 2016年7月7日(木) 13:30~16:40(13:00受付開始)
場所 TKPガーデンシティ御茶ノ水(地図はこちら
東京都千代田区神田駿河台3-11-1 三井住友海上駿河台新館 3階
定員 100名
プログラム ご案内パンフレットはこちら(PDF:174KB)
お申込 ご案内・お申込ページはこちら
大阪開催
日時 2016年7月29日(金) 13:30~16:40(13:00受付開始)
場所 三井住友海上大阪淀屋橋ビル3階(地図はこちら
大阪府大阪市中央区北浜4-3-1
定員 50名
プログラム ご案内パンフレットはこちら(PDF:170KB)
お申込 ご案内・お申込ページはこちら
講演内容
第1部 留学生を取り巻くリスクと危機管理の重要性
株式会社インターリスク総研
事業リスクマネジメント部 CSR・法務グループ 上席コンサルタント 加藤 壮
第2部 海外からの受け入れ留学生のリスクの現状と対策のポイント
ジェイアイティーグローバルサポート株式会社
代表取締役社長 増田 一人氏
留学生向けサービスのご紹介
三井住友海上火災保険株式会社
傷害長期保険部 営推・管理チーム 課長 沼田 将児
第3部 学校に求められる危機管理態勢構築のポイント
株式会社インターリスク総研
事業リスクマネジメント部 統合リスクマネジメントグループ 上席コンサルタント
冨樫 容子
  • お申込みは先着順で、定員に達し次第受付締切といたします。
  • お申込を確認した後、受講票をお送りします。
本件に関するお問い合わせ先

株式会社インターリスク総研

事業リスクマネジメント部 CSR・法務グループ
細井・蛯子・築野・堺 TEL:03-5296-8912

InterRisk Research Institute & Consulting, Inc. All Rights Reserved.