セミナー・イベント

2019年

5月20日

福島県委託事業「令和元年度福島県保育所等安全対策推進研修」を開催します。

福島県は、いわき市、福島市、会津若松市、郡山市の4会場で「令和元年度福島県保育所等安全対策推進研修」を開催します。

2月7日

【3/7(木)開催】オープンセミナー
「法改正対応、依存症、運転中のスマートフォン利用をどう防ぐ?! 実例を踏まえた知識と技術によるスマホの安全運転管理」を開催します。

現在、警察庁では、自動運転の技術の実用化に対応するとともに、携帯電話使用などに関する罰則の強化などを目的とした「道路交通法改正試案」についてのパブリックコメントを募集しました。(意見提出期間は2018年12月25日~2019年1月23日)

その中では、「SAEレベル3」の自動運転システムを搭載した自動車を運転する際に一定の条件を満たせば、道交法第71条第5号の5(※携帯電話の保持・注視の禁止) が免除されると記載されている一方、通常の自動車を運転中の携帯電話使用などに関する罰則は強化されています。

本セミナーでは、運転中のスマートフォン利用を誘引する依存症という要因や、スマートフォンの利用を防止するための安全マネジメント、ITを活用した技術的な取組みについて、ご紹介いたします。

是非ご参加ください。

■開催概要

(1)日時
2019年3月7日(木) 13:30~16:30(13:00開場)
(2)場所
損保会館 大会議室(地図はこちら
(東京都千代田区神田淡路町2-9)
(3)主催
三井住友海上火災保険株式会社、MS&ADインターリスク総研株式会社の共同開催
(4)講演者
第一部
ネット・スマホ依存の現状と対策
独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター 院長 樋口進先生
第二部
スマホゲーム契機にIT変革と安全管理強化
京阪バス株式会社 ICT推進部 兼 経営企画室 主任 大久保園明氏
<三井住友海上火災保険株式会社よりのご案内>
第三部
ITを活用した事故防止サービスの紹介
(5)対象者
主に一般企業の経営者・管理者の方(※)

経営者(社長等)、取締役、安全統括管理者、運行管理者、安全運転管理者その他
安全管理に係る部門に所属の方

(6)参加費
無料
(7)定員
100名(1社3名限り)
(8)プログラム
ご案内パンフレットはこちら(PDF:614KB)
(9)お申込
こちらのセミナーはお申込の受付を締切りました。
多数のお申込みをいただきまして有難うございました。
(10)お申込締切
2019年2月28日(木)
本件に関するお問い合わせ先

MS&ADインターリスク総研株式会社
リスクマネジメント第二部 交通リスク第一グループ

梶浦・安藤 TEL:03-5296-8916

1月25日

【2/22(金)開催】オープンセミナー
「自然災害対策セミナー2019~レジリエンスを高め、次の災害に備える~」を開催します。

自然災害が頻発、多様化する昨今、企業・組織の災害対策は単一事象ごとの対策を実施するだけではなく、複合的な災害を意識した、より柔軟な対応を講じなければなりません。

本セミナーでは、基調講演に名古屋工業大学教授の渡辺研司氏を招き、災害対応力の柔軟性、戦略的地域内連係など、レジリエンス強化のポイントについて、ご講演いただきます。第一部では株式会社竹中工務店の片桐岳氏より、最新VR技術を活用した防災トレーニングについて、ご講演いただきます。

組織の防災力とモチベーション向上に資する有益な情報を提供しますので、ぜひご参加ください。

■開催概要

(1)日時
2019年2月22日(金) 13:30~16:30(受付開始 13:00)
(2)場所
三井住友海上 駿河台新館3階 TKP ガーデンシティ御茶ノ水 3ABC会議室(地図はこちら
(東京都千代田区神田駿河台3-11-1)
(3)主催
三井住友海上火災保険株式会社 MS&ADインターリスク総研株式会社
(4)講演者
【基調講演】
「多様化・広域化する自然災害へのレジリエンス強化の重要性」
講師 : 名古屋工業大学 教授 渡辺 研司 氏
【第1部】
「自然災害に対応するためのVRトレーニング」
講師 : 株式会社竹中工務店 片桐 岳 氏
【第2部】
「地震時における事業継続のための建物緊急点検の重要性」
講師 : MS&ADインターリスク総研株式会社 鈴木 恭平

講演内容については一部変更する可能性があります。

(5)参加費
無料
(6)定員
150名
(7)プログラム
ご案内パンフレットはこちら(PDF:964KB)
(8)お申込
こちらのセミナーはお申込の受付を締切りました。
多数のお申込みをいただきまして有難うございました。
本件に関するお問い合わせ先

MS&ADインターリスク総研株式会社
リスクマネジメント第一部 災害リスクグループ

長島、篠塚、小泉 TEL:03-5296-8917

1月21日

内閣官房国土強靱化推進室委託事業
中小企業を対象とした事業継続等に係るシンポジウム(全国6か所)開催のご案内

中小企業をはじめとした民間事業者等を対象とした事業継続に係るシンポジウムを全国6か所にて開催いたします。

1月9日

【2/18(月)開催】オープンセミナー
「中国における環境規制の現状と企業の対策」を開催します。

中国では環境関連の規制強化が急速に進んでおり、日系企業においても制裁金や操業停止命令を受けるケースが相次いでいます。規制対応のために生産拠点の閉鎖や移転を余儀なくされるケースも生じています。

本セミナーでは、中国で日系企業向け環境総合ソリューションを手掛ける第一人者を講師に招き、環境規制の最新動向と日系企業に求められる対策について解説します。

■開催概要

(1)日時
2019年2月18日(月) 14:00~17:00(13:30受付開始)
(2)場所
損保会館 大会議室 (地図はこちら)
(東京都千代田区神田淡路町二丁目9番地)
(3)主催
三井住友海上火災保険株式会社(東アジア・インド本部、営業推進部)
(4)協力
MS&ADインターリスク総研株式会社
(5)講演者および講演内容
第一部
「中国の環境規制強化と日系企業への影響」(仮題)
瑛得管理諮詢(上海)有限公司(インターリスク上海) 高級経理 飯田 剛史
第二部
「日系企業における環境規制への対策のポイント」(仮題)
上海清環環保科技有限公司(STECO) 総経理 江頭 利将 氏

セミナー内容は一部変更する場合がございます。

(6)参加費
無料
(7)定員
150名
(8)プログラム
ご案内パンフレットはこちら(PDF:713KB)
(9)お申込
こちらのセミナーはお申込の受付を締切りました。
多数のお申込みをいただきまして有難うございました。
本件に関するお問い合わせ先

MS&ADインターリスク総研株式会社
総合企画部 国際業務グループ

中本、成田 TEL:03-5296-8920

1月4日

【2/7(木)開催】オープンセミナー
「サプライチェーンBCPの実態とポイント」を開催します。

昨年の西日本豪雨や北海道胆振東部地震等の発生を受け、広域災害を想定したサプライチェーン対策の見直しを実施されている企業等も多いかと存じます。

かかる状況を踏まえ、サプライチェーンBCPに関連して以下特徴をもつセミナーを開催します。

  1. ① 2018年に実施したインターリスク総研による「実態調査」の結果を紹介
  2. ② 課題抽出や対策構築の前提となる基本戦略の紹介
  3. ③ 大地震発生時の早期実態把握に役立つモデルや各種ツールの紹介
  4. ④ 上記②③の取組事例の紹介 等

ぜひご参加いただき、サプライチェーン対策の見直しにお役立てください。

■開催概要

(1)日時
2019年2月7日(木) 14:00~16:00(13:30受付開始)
(2)場所
損保会館 大会議室 (地図はこちら)
(東京都千代田区神田淡路町二丁目9番地)
(3)主催
三井住友海上火災保険株式会社、MS&ADインターリスク総研株式会社
(4)講演者および講演内容
第一部
「サプライチェーンBCPの実態とポイント」(仮題)
MS&ADインターリスク総研株式会社 リスクマネジメント第四部
事業継続マネジメント第一グループ長 上席コンサルタント 山口 修
第二部
「大地震発災直後のサプライヤー状況把握のポイント」(仮題)
クラシエホールディングス株式会社 経営企画室 購買統括部長 三浦 鉄雄 氏

セミナー内容は一部変更する場合がございます。

(5)参加費
無料
(6)定員
100名
(7)プログラム
ご案内パンフレットはこちら(PDF:679KB)
(8)お申込
こちらのセミナーはお申込の受付を締切りました。
多数のお申込みをいただきまして有難うございました。
本件に関するお問い合わせ先

MS&ADインターリスク総研株式会社
リスクマネジメント第四部 事業継続マネジメント第一グループ

伊藤、野口 TEL:03-5296-8918