リスク情報・レポート

リスク情報・レポート / PLレポート

2022.2.1

PLレポート(製品安全)<2021 No.6>

国内最近公開された国内のPL・製品安全に関する主な動向をご紹介します。

経済産業省が「令和3年度製品安全対策優良企業表彰(PSアワード2021)」の受賞企業を発表

(2021年11月18日 経済産業省)

経済産業省は、11月18日、「令和3年度製品安全対策優良企業表彰(PSアワード2021)」の受賞企業を発表しました。本表彰は、経済産業省が製品安全に積極的に取り組んでいる企業から広く公募し、製品安全の先進的な取組 を讃えることで、事業活動や消費生活において製品安全が重要な価値として定着し、社会全体で製品の安全が守られることを目的として毎年行っている表彰制度で、本年で15回を迎えます。

スキンケアクリーム製造事業者がSNS等で拡散された誤使用情報に注意喚起

(2021年12月3日 同社公式 Twitter))

12月3日、スキンケアクリームの製造事業者が、同社製品に他社製品を混ぜて使用するとしみが消える、などのWEB上での他社の広告等に対して、同社の公式Twitterアカウントを通じ、 「他の製品を混ぜると、同社のスキンケアクリーム本来の特長や成分の働きが損なわれてしまう可能性がある。」と説明し、「同社のスキンケアクリームを、他の製品と混ぜて使わないでください。」また、 「同社は同WEB広告等の内容に一切関与していない。」として注意喚起をしました。

国外最近公開された国外のPL・製品安全に関する主な動向をご紹介します。

豪州競争消費者委員会が製品安全誓約のアニュアルレポートを公開

(2021年11月19日、豪州競争消費者委員会)

豪州競争消費者委員会(ACCC)は11月19日、製品安全誓約に関する初めてのアニュアルレポート(以下、本レポート)を公開しました。

製品安全誓約は、ネットショッピングの拡大に伴って、ネットモール等で販売される製品の安全性を確保し消費者を製品安全に係わるリスクから保護することを目的に、2020年11月に開始され、 現在5つのECプラットフォーム運営企業が当該誓約に署名を行っています。

EUが一般製品安全規則の審議状況に関する中間報告を公表

(2021年11月19日 EU 理事会)

欧州連合(EU)理事会は昨年11月19日、一般製品安全規則(General Product Safety Regulation)の審議状況に関する中間報告を公表しました。これによると、法案の方向性についてはEU加盟国から概ね同意が得られているものの、 その内容にいくつかの懸念点が示されております。

一般製品安全規則は、2002年に施行された現行の一般製品安全指令に代わるもので、AIやIoTなど新技術がもたらす新たな課題への対応や、オンライン販売への規制強化などを盛り込んだものです。昨年6月30日に欧州委員会から 法案が公表された後、EU理事会の消費者保護・情報作業部会において11月25日時点で9回の審議が行われています。

PLレポート

国内・海外における最新のPL動向を紹介し、ポイント解説を行います。
(A4数枚、毎月発行)

製品安全

食品安全