リスク情報・レポート

リスク情報・レポート / 中国風険消息<中国関連リスク情報>

2021.11.1

中国・「労災防止五ヵ年行動計画(2021-2025年)」の解説

要旨

  • 2021年1月、中国・中央政府の人力資源社会保障部、工業・情報化部、財政部、住宅・都市農村建設部、交通運輸部、国家衛生健康委員会、応急管理部、中華全国総工会は「労災防止五ヵ年行動計画(2021-2025年)」(以下、「行動計画」という)を合同発表し、「十四五(国民生活と社会発展の第14期五ヵ年計画)」期間における全国の労災防止業務を推進することとなった。
  • 本稿では、「行動計画」及び各省・市がこれに基づいて制定した実施方案を踏まえて、各企業が従来の労災防止の仕組みをどのように改善・強化する必要があるか説明する。

I. 「行動計画」の全体要求

「行動計画」は、企業の労災防止対策を監督する各級政府に対して、「予防、治療リハビリ、補償」が三位一体となる仕組みの充実化、労災事故の未然予防を労災保険の優先事項とすること、労災防止の意識向上、 職場の労働条件の改善、重大・特別重大事故の未然防止、労災事故の発生率の低減などを通じて、経済社会の持続・健康的な発展を促進することを要求している。

II. 「行動計画」の主な目標

「行動計画」は、以下の3つを主要目標に掲げてている。定性的・定量的な手法を組み合わせて実行することによって、5年後に明確な成果を得ることを目指している。

中国風険消息<中国関連リスク情報>

中国に拠点をお持ちの企業や中国の駐在員の方々向けにお届けするリスク情報誌です。
(A4数枚、不定期発行)