リスク情報・レポート

リスク情報・レポート / 中国風険消息<中国関連リスク情報>

2021.7.1

新・安全生産法(2021年9月施行)の解説

要旨

  • 2021年月日、全国人民代表大会常務委員会は、「中華人民共和国安全生産法」(以下、「安全生産法」という)を改訂し、年月日より正式に施行することを決定した。
  • 消防や交通等に限定した安全生産関連の法律と比較すると、安全生産法は安全生産(※)事故を予防・減少させ、国民の生命・財産を守るための基本的・総合的な法律と位置付けられる。
  • 今年月の本ニュースでは、安全生産法(意見募集稿)について解説したが、今回正式に公布された安全生産法は、意見募集稿から更に修正が加えられている。本稿では、正式公布版について改めて解説し、新法を踏まえて企業がどのように安全生産管理を強化・改善しなければならないか、ポイントを解説する。

中国語でいう「安全生産」は、工場等における生産業務のみならず、広範囲にわたる業種の事業活動における労働者の安全・健康の確保、災害防止の取組みを指す。

1. 「安全生産法」の概要

安全生産法は、安全生産活動の強化、安全生産事故の防止・低減、国民の生命・財産の安全確保、経済社会の継続的で健全な発展の促進を目的として、中国初の安全生産に関する法律として制定されたものである。安全生産に関する法体系の中では、法的な位置付け・法的効力が最も高い。

安全生産法第2条では「本法律は、国内で事業活動に従事する様々な形態の事業者に適用する」と定めており、企業や社会組織、個人事業主もその対象となる。従って事業活動全般に適用する、普遍的・基本的な法律であるといえる。

中国風険消息<中国関連リスク情報>

中国に拠点をお持ちの企業や中国の駐在員の方々向けにお届けするリスク情報誌です。
(A4数枚、不定期発行)