環境

ご案内

事業のグローバル化に伴い、企業が社会的責任を求められる環境・CSRの課題が、多様化し、範囲が拡大しています。
これらの課題が企業にとって、どのような経営リスクとなり、また新たなビジネスチャンスを生み出すのか。
当社は、事業のバリューチェーン全般にわたる環境リスクの定量的な分析にとどまらず、具体的な解決策までアドバイスしています。
3.11を契機とするエネルギーシフトの流れで、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー関連のご相談に対応しています。
また、新たな環境経営課題となっている生物多様性の領域では、先進的なソリューションと豊富な知見を有し、10年以上も前から数多くのグローバルトップ企業へサービスを提供してきました。最近では、世界的な資源問題の影響もあり、原材料調達に関する事業継続、レピュテーショナルリスクに関するご相談も増えています。

コンサルティングメニューコンサルティング実績・刊行物はこちら

環境CSR経営コンサルティング

環境マネジメントシステムISO14001は2015年に改正される予定ですが、環境CSR経営における『リスクと機会』『バリューチェーン』及び『生物多様性』への各取り組みが強化される見込みです。その他の最新動向も踏まえ、次のような環境CSRコンサルティングを行っています。

ISO14001及びエコアクション21コンサルティング

環境マネジメントシステムのISO14001及びエコアクション21の認証取得・維持改善のコンサルティングを行っています。

環境リスクコンサルティング

環境汚染賠償責任保険(EIL保険)のリスク評価ノウハウも活用し、工場等の事業所の環境リスクを、事前の資料調査や現地訪問等によって分析・評価します。

環境CSR報告書に関するコンサルティング

環境CSR経営の新たな潮流を踏まえ、報告書の作成支援や第三者意見の執筆等を行っています。

生物多様性 総合コンサルティング

生物多様性は近年、新たに注目されている環境リスクです。生物多様性に起因して評判、調達、市場競争などの経営上の問題に発展するケースもあり、大企業を中心にリスクマネジメントの観点から取組を始める企業が増えています。
当社は10年以上生物多様性に関する調査・研究に取り組んできており、幅広いメニューを取り揃えております。

太陽光発電 総合コンサルティング

太陽光発電事業のどのフェーズにおいてもリスク対策ができるように、事業計画の検討段階に応じた各種サービスを提供しております。

エネルギー関連支援サービス

3.11の震災以降、電力不足などエネルギー問題が、安定した経営活動を維持する上で無視できない状況になっています。
このサービスでは、節電・省エネ、職場環境の快適性向上、エネルギーコスト削減に関するPDCAサイクルの向上などの企業取組みを支援します。

本コンサルティングに関するお問合せ

事業リスクマネジメント部 03-5296-8913

コンサルティング一覧に戻る

InterRisk Research Institute & Consulting, Inc. All Rights Reserved.