交通リスク

ご案内

悲惨な交通事故が多発しており、安全運転への社会的要請は一層強くなっています。企業にとって交通事故の防止・低減は、経済的損失の防止やコスト削減のみならず、CSRの観点からも喫緊の課題です。弊社では、企業の事故発生傾向、安全管理体制・事故防止教育の実施状況などを分析し、「現場」「実態」を踏まえた個別対策や、事故防止・低減に向けた効果的なプログラム・ソリューションをご提案します。

インターリスク総研では、道路交通安全に関する取り組みを推進しています。

コンサルティングメニューコンサルティング実績・刊行物はこちら

ドライブレコーダーを活用したコンサルティング

運転傾向や映像データを取得し、日々の運転指導や教育に直接活用いただくとともに、得られたデータを分析して具体的な教育指導の進め方や管理体制についてご提案するプログラムです。映像による教育指導用のツールの提供も可能です。

運輸安全マネジメントに関するコンサルティング

国土交通省が推進する運輸安全マネジメントの安全管理規定におけるリスク管理手法に準拠して、輸送の安全について現状の取組み状況を評価し、課題と改善点を第三者視点でアドバイスします。
国土交通省「認定セミナー」実施に関するご相談は本ページ下段の「お問合せ」窓口にご連絡ください。

ISO39001に関するコンサルティング

2012年10月発行の新たな国際規格ISO39001(道路交通安全マネジメントシステム)について、国内第一陣で認証を取得した経験を踏まえ、最新の動向や規格概要に関する情報提供、リスクの洗い出しから目標・詳細目標、実施計画の策定など、認証取得に向けた支援・アドバイスを行います。

「交通流」や「交通施設」に関するコンサルティング

店舗や施設での、人や自動車、二輪車・自転車の「動き」や「流れ」(交通流)と、道路構造や設置されている標識・防護柵、建物の構造(交通施設)に着目して調査を行い、潜在リスクを分析し改善策を提案します。

安全意識レベルコンサルティング

組織内の「事故防止に係る安全管理体制」と「安全意識レベル」について、組織の“6つの安全機能”や“5つの指標”をキーワードにアンケート方式にて調査を実施し、調査結果を踏まえ改善策をアドバイスします。

本コンサルティングに関するお問合せ

交通リスクマネジメント部 03-5296-8916

コンサルティング一覧に戻る

InterRisk Research Institute & Consulting, Inc. All Rights Reserved.