交通リスク

悲惨な交通事故が多発しており、安全運転への社会的要請は一層強くなっています。企業にとっ て交通事故の防止・低減は、経済的損失の防止やコスト削減のみならず、CSRの観点からも喫緊の課題です。弊社では、企業の事故発生傾向、安全管理体制・ 事故防止教育の実施状況などを分析し、「現場」「実態」を踏まえた個別対策や、事故防止・低減に向けた効果的なプログラム・ソリューションをご提案します。

総合的な事故防止対策のPDCA

事故防止対策の効果をあげるためには、リスクマネジメントシステムに基づき対策を実施することが必要です。
弊社は、企業実態に応じたコンサルティングと、その後の定期的なフォローアップ、効果検証を実施し、事故防止取組みをバックアップします。

事故防止対策は…

リスクマネジメントシステムに基づき、PDCAサイクルをスパイラルアップさせることが重要です。

株式会社インターリスク総研

関連レポート

交通リスク情報

自動車を中心とした、鉄道・海上・航空等、交通リスクに関わる旬な情報をまとめた誌です。
運輸・メーカー・流通等、交通リスクに関わる幅広いお客さまへのアプローチにご活用ください。
(A4数枚、不定期発行)

刊行物等

当社コンサルタントが執筆・監修した出版物

ISO 39001:2012 道路交通安全マネジメントシステム日本語版と解説
種別書籍
名称「ISO 39001:2012 道路交通安全マネジメントシステム日本語版と解説」
内容道路交通事故による死者や重大な負傷者の発生根源を削減することを目的としたISO39001[道路交通安全(RTS)マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引]が、2012年10月1日に発行されました。本書は、ISO/TC 241(道路交通安全マネジメント)国内審議委員会委員長監修、同委員会事務局である独立行政法人自動車事故対策機構編集のもと、道路交通安全マネジメント分野で活躍している執筆陣による、実践的な解説を加えた解説書となります。本書では規格の解説にあたり、国内唯一の邦訳版(日本規格協会発行)を引用しており、要求事項の正確な理解に役立つ有用な内容となっています。インターリスク総研からはコンサルティング第四部 上席コンサルタントの梶浦 勉が執筆に参加しました。
発行元一般財団法人日本規格協会
価格定価5,145円(本体4,900円)
編著中條 武志 監修、独立行政法人自動車事故対策機構 編、江波戸 啓之・梶浦 勉・木下 典男・永井 勝典 著
出版年2013年
購入方法最寄の書店・ネット書店または日本規格協会のホームページにて注文できます。

コンサルティングの流れ

当社では、お客さまにご満足いただけるために、綿密なお打ち合わせを元にコンサルティングプランを作成・実施してまいります。
お打ち合わせまでは無料となりますので、お気軽にご相談ください。

  • STEP1

    相談申込み

    Web/お電話にて申込みいただいた後、原則として三営業日以内に担当コンサルタントよりご連絡させていただきます。

  • STEP2

    担当コンサルタントと打合せ

    お客さまの現状と課題認識をお聞きし、コンサルティングによる解決に向けて意見交換させていただきます。

  • STEP3

    ご提案

    課題解決のためのテーマを絞り込み、コンサルティングの方針・手法・工程についてご提案させていただきます。

  • STEP4

    提案内容精査~ご契約

    提案内容を確認・精査いただいた後、お見積りを提示、コンサルティングプランを確定させ、ご契約を締結します。

  • STEP5

    取組の実施

    コンサルティングプランに沿って具体的な取組を実施します。

  • STEP6

    取組の完了

    コンサルティングプランの完了を確認し、効果を検証します。