リスク情報・レポート

リスク情報・レポート / 中国風険消息<中国関連リスク情報>

2017.7

中国における電気安全の関連標準

はじめに

中国における電気設備に起因した火災事故(以下、電気火災という。)は過去より一貫して出火原因のトップになっている。また、電気火災に起因した死傷者は年間1000人を超え、直接的な経済損失も18億元を超えている。

電気火災は、電気設備の設計の問題、メンテナンスの不備、管理体制の不備等が複雑に絡むため、法令順守を意識した対策や体制整備が不可欠である。

本稿では、中国の電気火災に関わる統計データを振り返りつつ、電気設備に関わる主な標準を紹介の上、電気火災事故の防止について解説を行う。

1.中国における火災事故原因の概要

中国政府が公表した「2015年中国消防年鑑」の統計データによれば、2014年に中国では、約39.5万件の火災が発生している。図1の通り、その中の108,282件は電気火災で、火災事故全体の27%を占め、出火原因のトップになっている。また、図2の通り、電気火災108,282件のうち、電線の故障による火災事故の数は66,884件で電気火災全体の約60%を占め、次に電気設備の故障による火災が多い結果となっている。図3は製造業の出火原因を示したものである。製造業では約1.6万件の火災が発生しており、同様に電気火災が6,186件でトップを占めている。電気火災の比率は約37%と火災事故全体よりも10%高い結果を示しており、工場における電気火災対策の必要性が見て取れる。

中国風険消息<中国関連リスク情報>

中国に拠点をお持ちの企業や中国の駐在員の方々向けにお届けするリスク情報誌です。
(A4数枚、不定期発行)