採用情報

2017年入社

佐藤 周作SHUSAKU SATO

リスクマネジメント第一部
リスクエンジニアリンググループ

所属名・インタビュー内容は取材時のものです。

現在の仕事内容について教えて下さい

私が所属するリスクエンジニアリンググループでは、主にメーカー等の企業をお客さまとして火災を中心としたリスクに関するコンサルティング業務を行っています。具体的にはお客さまの工場や事業所に伺い、製品の製造工程や消火設備、防災管理体制等を確認してリスクを洗い出し、リスクを低減させるための対策を提案しています。

大学・大学院時代に専攻していたこと・勉強していたことを教えて下さい

大学時代は社会基盤工学を専攻しており、地盤工学系の研究室に所属していました。研究テーマは河川堤防の危険度評価です。地盤調査や目視による点検の結果など様々なデータを用いて長大な河川堤防の破堤確率を連続的に算出し、危険箇所を抽出する方法の開発を行っていました。大学時代の知識が直接活かすことができる場面は少ないですが、情報収集の方法やデータの取扱い方などは現在の業務にも役立っています。

現在の仕事でやりがいを感じる時はどんな時ですか?

現在は上司とともにお客さまの事業所を調査し、報告書や報告会用資料の作成を担当することが多いですが、報告書や報告会でお客さまにとって新たな気づきになるような提案ができたときに特にやりがいを感じます。また、前回の案件で学んだことや反省点を次の案件で活かすことができたときにも、自分の成長を感じて嬉しく思います。

会社の社風を一言で表すと?また、その理由を教えて下さい

専門家が集まっている会社です。大手メーカー出身の方など様々な分野に精通している方が多く、分からないことがあっても周りに相談しやすい環境です。

学生の皆さんへのメッセージ

就職活動は自分自身を見つめ直す良い機会だと思います。研究などを続けながら就職活動を行うのは大変だと思いますが、良い就職活動になるよう応援しています。

その他の社員インタビュー