採用情報

2013年入社

江﨑 隼輝HAYAKI EZAKI

災害リスクマネジメント部
災害リスクグループ

現在の仕事内容について教えて下さい

自然災害に関するリスク調査が主たる業務です。専用の分析ソフトを活用した机上診断や現地調査により、顧客物件の地震や洪水発生時のリスクを洗い出し、対策のアドバイス等を提供しています。また、最近は大雨や洪水による災害の注目度が高まってきており、水害に特化したコンサルティングサービスの提供にも取り組んでいます。その他にも、自然災害リスクをテーマにしたセミナーの講師や社外情報誌の執筆を行うこともあります。

大学・大学院時代に専攻していたこと・勉強していたことを教えて下さい

大学では地球科学科(理学)に所属し、主に大気現象やプレートテクトニクス・地質学に関する勉強をしていました。学部4年生の終わり頃に東日本大震災が発生したこともあり、大学院では防災啓発に強く関心を持ち、修士論文では津波地震(特異的に大きな津波を生じさせる地震)の発生メカニズムの解明をテーマに研究に取り組みました。

現在の仕事でやりがいを感じる時はどんな時ですか?

お客様(顧客企業)が災害時にできるだけ被害を受けないよう、多角的な観点で事前にアドバイスするのが私たちの仕事です。お客様がこれまで把握していなかったようなリスクやその対策を、入念な事前準備をした上で自信持って提案できたときは、大きな達成感が得られます。また、このような業務を通してグループの損害保険会社の支援につながることがあるのですが、これもまたやりがいを感じます。

インターリスク総研の社風を一言で表すと?また、その理由を教えて下さい

“頼りになる専門家集団”だと思います。どのコンサルタントも違った専門分野を持っており、何かしら詳しい人が近くにいますので、業務でもプライベートでも困ったことがあれば相談しやすい環境にあります。

学生の皆さんへのメッセージ

もし当社に興味があれば、ぜひ採用選考にトライしてみて下さい。リスクコンサルは学生の方からするとマイナーな業界であると思いますが、知れば知るほど、奥が深い業界です。特に知的好奇心の高い方におすすめです!

その他の社員インタビュー