採用情報

2016年入社

粟ヶ窪 千紗CHISA AWAGAKUBO

事業リスクマネジメント部
環境・社会グループ

現在の仕事内容について教えて下さい

私の所属する事業リスクマネジメント部 環境・社会グループは、環境・CSR関連リスクの洗い出しや対策の検討、水資源枯渇や水質汚濁のリスクを調査する水リスク評価サービス、環境貢献活動の方針策定・ご支援といった環境・CSRに関する多種多様なサービスを提供しています。現在私は、各案件における情報収集・分析やお客さまとのお打ち合わせ、成果資料の作成など様々な業務に携わっています。

大学・大学院時代に専攻していたこと・勉強していたことを教えて下さい

大学時代は農学部に所属し農業経済学を専攻していました。農業経済学は経済学的なアプローチから農業を研究する学問であり、私は特に畜産農家で経営状況等についてインタビュー調査・事例分析を行うフィールドワークに力を入れていました。学生時代にフィールドワークを通じて学んだ、現場を自分の目や耳で直接見聞きして考える姿勢は、現在コンサルティングに携わる上での礎になっていると感じます。

現在の仕事でやりがいを感じる時はどんな時ですか?

自身の携わったコンサルティングサービスの成果がお客さまに高く評価され、次の仕事につながったときです。例えばある拠点のリスク評価のサービスを提供した際に、報告書の品質を高く評価頂き、「他の拠点でもぜひ調査を依頼したい」というお声を頂くことがあります。このような反応を頂いたときは、自身の仕事によってお客さまとの信頼関係が構築されたことを実感でき、大きなやりがいを感じます。

インターリスク総研の社風を一言で表すと?また、その理由を教えて下さい

「個性が尊重される会社」だと思います。各コンサルタントが違った専門性やバックグラウンドを持っていて、年齢や役職に関わらず互いの良いところを認めあって働いている風通しの良い会社だと感じます。

学生の皆さんへのメッセージ

当社は、新しいことを学ぶのが好きな方、チャレンジ精神の旺盛な方にぴったりの会社だと思います。「インターリスク総研の仕事、面白そう!」と思われた方は、まずはぜひお話を聞きにいらしてみてください。

その他の社員インタビュー