プレスリリース

2016年1月7日

~ホテル・旅館等のインバウンド対応を支援~
「施設の安全向上サポートサービス」を開始

MS&ADインシュアランス グループの株式会社インターリスク総研(社長:近藤 和夫)は、12月から、訪日外国人の受け入れ増加が見込まれるホテル・旅館、ショッピングセンター等の施設を対象に、安全状況の調査や管理体制の構築および見直しを支援する「施設の安全向上サポートサービス」を開始しました。

近年、訪日外国人は急速に増加しており、国内での受け入れ態勢の整備に向けた支援ニーズが拡大しています。本サービスはこうしたニーズにお応えすべく開発したもので、当社の防災調査(リスクサーベイ)の経験・ノウハウを活かして、施設の現地調査による火災等の災害リスクの洗い出しや、災害発生時の来訪者の安全確保に向けた防災管理体制の強化を支援するコンサルティングメニューです。

インターリスク総研は、今後も、お客さまのニーズにお応えする各種リスクコンサルティングサービスの開発・提供に努めていきます。

1. 開発の背景

いわゆるインバウンド効果により、ホテル・旅館の稼働率が上昇し、ショッピングセンターやレジャー施設等の大規模集客施設でも入場者が増えています。それを受けて、各施設は自主的な安全管理活動を行い、来訪者や従業員の安全確保に努めています。しかしながら、見落としや漏れがあった場合には、思わぬ災害に繋がったり、円滑な避難活動が阻害されるリスクがあります。

また、インターネット・SNS等の普及で施設の安全に関わる風評が広まりやすくなっていることに加え、来訪者の多様化による意識や文化の違いが引き起こすトラブルの発生など、これまでには予期しなかった損害が施設の営業に影響を及ぼす可能性もあります。

本サービスは、当社の防災調査の経験・ノウハウを活かしつつ、施設が抱えるこうしたリスクの軽減を図ることを目的として開発しました。

2. 施設の安全向上サポートサービスの概要

防火管理の推進に関する以下のコンサルティングサービスを提供します。

①施設のリスク調査
  • 現地調査を行い、リスク改善のためのご提案を報告書にまとめます。
  • 複数拠点の調査内容に基づき、スコアリング評価を行います。
  • 調査結果についての報告会を実施します。
②安全性向上サポート
  • 施設に関わる安全管理体制、管理基準、安全チェックリスト等の見直し、作成のご相談に応じます。
  • 作成した規定・基準等に沿って施設従業員への研修を行います。
  • 施設内の監査を施設に代わって実施します。
③オプションサービス
  • 避難訓練のサポート
  • ユニバーサルデザイン、ハラール対応 など
3. 施設の安全向上サポートサービスの活用方法

防災管理状況の調査によるリスク軽減、防災管理に関する仕組みの構築、全国に所在する複数の施設の防災対策の統一指針の整備、施設内監査の定着等に活用いただけます。また、第三者による点検を実施することで客観的評価が得られ、施設間の相対比較も可能となります。

以上

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インターリスク総研

災害リスクマネジメント部 三和/林田 TEL:03-5296-8947
営業推進部 高井 TEL:03-5296-8919

前のページに戻る

InterRisk Research Institute & Consulting, Inc. All Rights Reserved.