プレスリリース

2016年2月25日

「海外事業所へのBCP展開支援サービス」を開始

MS&ADインシュアランス グループの株式会社インターリスク総研(社長:近藤 和夫)は、今般、海外事業所を有する国内企業を対象に、「海外事業所へのBCP展開支援サービス」を開始しました。

近年、世界各地で異常気象やテロ等が多発しており、海外事業所におけるBCP策定のニーズが高まっています。しかしながら、「目標が不明確である」「ノウハウを持ち合わせていない」などの理由から、十分に整備が進んでいないのが現状です。

そこで当社はこうした課題を解決すべく、全社的なBCP戦略の構築や各事業所における態勢整備など、海外におけるBCP展開全般を支援する新サービスを開発しました。

インターリスク総研は、今後も、お客さまのニーズにお応えする各種リスクコンサルティングサービスの開発・提供に努めていきます。

1. サービスの概要

海外事業所でBCP策定が進まない原因を整理・分析し、当社が開発した簡易展開モデルに基づいて、BCP展開全般を支援します。

<本サービスにおけるBCP構築の特長>(詳細はこちら
BCP策定が進まない主な原因 左記を踏まえたBCP構築のポイント
  1. ①「何のために」BCPを整備するのか、また、そのために「何を」整備するのかが不明確である。
~「目標設定」の簡易モデルを展開~
目標がスムーズに海外事業所まで浸透するようBCPの定義を海外事業所展開用に簡易化し、また、本社が想定リスクを決定します。
  1. ②海外事業所において「どうやって」BCPを整備するのか、ノウハウが乏しい。
~「BCP整備」の簡易モデルを展開~
本社が可能な限りBCPに関する分析や帳票整備を実施し、海外事業所の整備負担そのものを減らすフローを展開します。
2. サービスの活用方法

海外におけるBCP展開全般の支援に加えて、海外BCP展開の対応レベル診断や、海外事業所のリスク診断も可能です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インターリスク総研

事業リスクマネジメント部 山口、飯田 TEL:03-5296-8918
営業推進部 高井 TEL:03-5296-8919

前のページに戻る

InterRisk Research Institute & Consulting, Inc. All Rights Reserved.