プレスリリース

2015年7月24日

~改正会社法に対応した新サービス~
「グループリスクマネジメントの現状評価サービス」を開始

MS&ADインシュアランス グループの株式会社インターリスク総研(社長:近藤 和夫)は、7月から、企業グループにおけるリスクマネジメント態勢の適切な構築・運用を支援するべく、グループ全体のリスクマネジメントに関する現状評価サービスを開始しました。

今年5月に施行された改正会社法では、「企業集団における業務の適正を確保するための体制の整備」について定められており、グループ全体のリスクマネジメントの現状把握や具体的な関与の方法等について課題認識をお持ちの企業が増えています。本サービスは、こうしたお客さまのニーズにお応えすべく開発したもので、子会社へのアンケートや親会社へのインタビューを通じて、リスクマネジメント体制の整備状況等を確認し、今後のグループリスクマネジメントの在り方や親会社の関与の方法・程度について改善の方向性を提示します。

インターリスク総研は、今後も、お客さまのニーズにお応えする各種リスクコンサルティングサービスの開発・提供に努めていきます。

1. サービスの概要

子会社の担当者へのアンケートや親会社の担当者へのインタビューにより、グループ各社におけるリスクマネジメント体制の整備状況やリスクマネジメントの各プロセスの活動状況を確認します。確認の結果に基づき、グループリスクマネジメントにおける課題を洗い出し、改善の方向性を提示します。

<本サービスの5つのステップ>
2. サービスの対象

ホールディングス体制を採用している持株会社および中核企業、企業集団の親会社を対象としています。

3. サービス活用後の取り組み

本サービスで明らかになった課題を踏まえ、以下のテーマについて、当社がコンサルティングサービスを提供します。

4. その他

本サービスに関連して、8月18日に会社法改正に関するセミナーを開催します。セミナーでは、弁護士による改正会社法の解説、企業実務担当者による具体的な取組事例の紹介、当社コンサルタントによるグループリスクマネジメントのポイント解説を実施します。セミナーのご案内・お申込みページはこちらをご参照ください。

以上

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インターリスク総研

事業リスクマネジメント部 釜瀬、細井 TEL:03-5296-8914
営業推進部 高井 TEL:03-5296-8919

前のページに戻る

InterRisk Research Institute & Consulting, Inc. All Rights Reserved.