プレスリリース

2013年9月26日

日本人初「BCI Asia Awards」受賞

 MS&ADインシュアランス グループの株式会社インターリスク総研(社長:近藤 和夫)では、9月5日に、BCM(※1) の普及啓発を進める国際的な非営利団体「BCI(※2)」が実施する「BCI Asia Awards」において、所属コンサルタントが、日本人初となる「BCM Consultant of the Year」を受賞しました。
 今回の受賞は、BCMに関する知識や経験のほか、BCMの普及啓発活動、BCIの国際的な活動に対する貢献などが高く評価されたものです。
 インターリスク総研は、2003年にBCI日本支部代表の認定を受けていますが、今後も、より広範かつ先進的な知見を取り入れたコンサルティングサービスを提供していきます。

(※1)BCM 事業継続マネジメント(Business Continuity Management)の略。大規模な災害や事故などが発生した場合に、重要な製品およびサービスを継続できるようにするための、経営上の管理手法。
(※2)BCI BCMの普及・啓発を推進している国際的な非営利団体(The Business Continuity Institute)。
1994年設立。イギリスを本拠地として世界100ヶ国以上に約8,000名の会員を擁している。
1.「BCM Consultant of the Year」について

BCM(※1) の普及・啓発を進める国際的な非営利団体であるBCI(※2) が実施している年次表彰のうち、アジア地区を対象とした「BCI Asia Awards」の中で、年間最優秀のBCMコンサルタントに贈られる権威ある賞です。地域別の年次表彰は3回目で、日本人としては初の受賞となります。
今年の表彰は、9月4日から6日にかけてマレーシアのマラッカで開催された「3rd Asia Business Continuity Seminar」の中で行われました。

2.受賞者

コンサルティング第二部 BCM第一グループ
マネジャー・上席コンサルタント 田代 邦幸

3.受賞理由

BCMに関する広範な知識と経験、幅広い顧客に対するソリューションの提供、BCMの普及・啓発活動およびBCIの国際的な活動に対する貢献が評価され、受賞しました。

9月5日にマレーシアで開催された表彰式の様子

9月5日にマレーシアで開催された表彰式の様子

以上

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インターリスク総研

営業推進部 村松 均哉 TEL:03-5296-8919

前のページに戻る

InterRisk Research Institute & Consulting, Inc. All Rights Reserved.