プレスリリース

2012年7月12日

~業界初~
【総合パッケージ型】生物多様性コンサルティングサービスの提供を開始

MS&ADインシュアランスグループの株式会社インターリスク総研(社長:近藤 和夫)は、2012年7月から、総合パッケージ型の生物多様性コンサルティングサービス「企業にとっての環境ニューリスクに対するソリューションパッケージ~生物多様性編~」の提供を開始しました。

近年、生物多様性に起因する事業戦略や原材料調達、土地利用などの問題が新たな経営リスクとして注目されており、企業における生物多様性の取り組みが加速しています。特に、日系企業のグローバル化に伴い、海外進出に際して生物多様性リスクに直面する機会が増えていることから、これまで以上に広範かつ迅速な対策が求められています。

本パッケージは、このような企業ニーズに応えるため、生物多様性のリスクマネジメント体制の構築から、原材料調達をはじめとする個別課題に至るまで、生物多様性リスクに対する総合的なソリューションサービスをワンストップで提供するものです。

当社は、今後も、国内外の健全な企業経営を支援するべく、新たなリスクに対応した最新のサービスを開発していきます。

1.サービスの特長
(1)   幅広いソリューションの提供
これまでのコンサルティングメニューを大幅に拡大し、リスクの評価・分析やリスクマネジメント体制の構築などの全社的な課題から、原材料調達・事業戦略・土地利用のような個別課題までを網羅した内容としました。
(2)   経営リスクの視点からのアプローチ
事業に関する生物多様性上の課題について、規制・市場競争・事業継続・評判・財務などの経営の視点で総合的にリスクを評価し、事業戦略策定を支援します。
(3)   海外リスクに対応したサービス
生物多様性統合評価ツール「IBAT(※)」を活用した、国内初の「海外生物多様性リスク簡易評価サービス」をはじめ、海外を対象としたサービスも充実しています。
世界各地の生物多様性情報にアクセスできる有償データベースツール。国際自然保護連合(IUCN)、国連環境計画世界自然モニタリングセンター(UNEP-WCMC)、国際NGO バードライフ・インターナショナル、コンザベーション・インターナショナルにより開発されたデータベースで、当社は、国内の第一号契約者です。
(4)   新たなビジネスチャンスの分析
生物多様性に配慮した企業経営は、CSRの向上を実現するとともに、企業の評価を高め、新たなビジネス機会にもつながります。企業や社会のニーズを調査し、新たなビジネス機会の創出に向けた分析を行うことで、生物多様性に係る戦略的な企業経営を支援します。
2.販売目標

海外進出企業を中心に、年間40件(約1億円)程度の受注を見込んでいます。

添付別紙:「生物多様性リスクソリューションパッケージ」の概要

以上

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インターリスク総研

コンサルティング第1部 石川 茂 TEL:03-5296-8913

MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社

広報・IR部 菊池 里佳 TEL:03-3297-6705

前のページに戻る

InterRisk Research Institute & Consulting, Inc. All Rights Reserved.